経営者からのメッセージ


平素は格別のご高配を賜りまことにありがとうございます。

当社は平成28年7月に今回のホールディング体制を見据えて、商号を株式会社シーマより株式会社ニューアートに変更いたしました。(自由な精神と革新的独創力により今までなかった新しい企業文化をクリエイトする)を理念に掲げ、社名のニューアートにはオリジナリティ溢れる美を創造する企業グループであり続けるという思いを込めました。これまでブライダルジュエリー事業を主軸として事業を展開してきましたが、今後はニューアートという言葉をキーワードとして様々な分野の事業展開を推進して参ります。

私は、ギャラリストとして50年間をホワイトストーンギャラリーの経営に、5年間をアートミュージアムの経営サポートに従事してきました。ブライダルジュエリーについては25年間のキャリアがあり、これまでギャラリストとして培った経営をブライダルジュエリーに生かして来ました。

例えば、現在当社ではマンツーマン接客をしておりますが、実は私のギャラリストからの経験に基づいて発案し導入した販売方法です。また、当社のブライダルジュエリー事業では、お客様の注文を受けてから制作する受注制作販売(セミーオーダー、オーダーメイド)のシステムを採用しておりますが、これは過剰な在庫を持つ必要がないという大きなメリットがあり、今日当たり前の様に行われているルースとリングのデザインを組み合わせて販売するこの販売システムを日本のブライダルジュエリーに初めて開発導入したのが、ダイヤモンドシライシになります。

それまでの日本の宝石業界はたくさんのデッドストックを抱えて倒産することが多かったのです。このシステムを採用した宝石店は倒産から解放されることになりました。このように当社は他社の真似をするのではなく、全く新しいことを開発しながら成長し続けております。特にこの度、ダイヤモンドの伝統を守りつつ、新たな試みとしてフィンテック技術を融合させ、さらなる発展を遂げるために仮想通貨事業のニューアートコインをスタートさせました。

これから毎週、ホールディングカンパニーのグループ会社を社長の紹介と共に、企業内容を説明していきますが、その会社ごとのオリジナリティに溢れる、生産、販売戦略にご注目ください。

平成29年12月
株式会社NEW ART
代表取締役会長兼社長 白石 幸生

【当社グループ会社の社長メッセージはこちらからご覧ください】
株式会社ニューアート・クレージー
株式会社ニューアート・フィンテック
株式会社ニューアート・シーマ
株式会社ニューアート・コイン
株式会社ニューアート・ラ・パルレ