経営者からのメッセージ

 
革新的独創力により増収増益を続けるNEW ART HOLDINGSにご期待ください。

平素は格別のご高配を賜り誠にありがとうございます。
この度、代表取締役会長兼社長に就任しました白石幸生でございます。
 
当社第25期の業績につきましてご報告申し上げます。

2019年3月期につきましては、ブライダルジュエリー事業が想定以上に好調に推移したことにより、前期に策定した中期経営計画(第25期から第27期)の数値目標を2年前倒しで達成することができました。

2019年3月期の連結業績につきましては、主力のブライダルジュエリー事業が好調に推移したことに加えてアート事業の絵画取引の増加により、売上高は4期連続で過去最高売上を更新し前期と比べ22.8%増の175億85百万円となりました。利益面では、ブライダルジュエリー事業の売上増加に加えて、全身美容事業の黒字化により、営業利益は前期と比べ210.2%増の25億26百万円、経常利益は前期と比べ229.3%増の23億88百万円と大幅な増収増益となり過去最高の営業利益、経常利益となりました。親会社株主に帰属する当期純利益は、特別損失7億8百万円を計上し、前期と比べ872.8%増の9億16百万円となりました。

2020年3月期の連結業績につきましては、主力のブライダルジュエリー事業において、国内既存店が引き続き順調に推移していくことに加えて積極的な海外展開を図ることでグループ全体の成長を押し上げながら、全身美容事業の利益率の改善を図ってまいります。アート事業においては、パートナー企業とともに新たな事業の立ち上げを行ってまいります。これにより、売上高184億円、営業利益27億円、経常利益27億円、親会社株主に帰属する当期純利益17億円と、過去最高の売上・利益の更新を見込んでいます。

当社は、2019年10月1日をもって、20株につき1株の株式併合を実施する予定です。当社株式の投資単位を適切な水準に調整することで、一般投資家の皆様が投資しやすい環境へと整備してまいります。
 
株主還元の一環として、2019年5月に、10億円を上限とした自己株式の取得を決議しました。第25期の期末配当につきましては、業績が当初予想より大幅に上回ったことから0.7円増配し、1株当たり1円の配当を実施しました。
2020年3月期の期末配当予想につきましては、1株当たり20円(株式併合を考慮した配当金額、株式併合前は1円)を予定しています。これもひとえに、株主の皆様のご支援の賜物と感謝申し上げます。
 
皆様には、今後もより一層のご支援ご鞭撻を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。
 
2019年6月27日
株式会社NEW ART HOLDINGS
代表取締役会長兼社長 白石 幸生

 『現場管理職レポート』へ